« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

ウィンドウ装飾プロジェクト、さらに修正

▽ウィンドウ装飾プロジェクト修正版 ver:1.2

度々の修正スミマセン。

メッセージウィンドウにて、表示されるメッセージをずらす機能を追加しました。

スペースを空けすぎるとはみ出る可能性が出てきますが、

左側に大き目の装飾をした場合などに対応できます。

なお、添付したシステムグラフィックが、文字とかぶって見にくいというご指摘を受けましたので、少し削って見やすくなりました。

「window_acce_test12.zip」をダウンロード

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウィンドウ装飾プロジェクト修正版

▽ウィンドウ装飾プロジェクト修正版

前回のプロジェクトで気になる挙動を示していた部分を修正しました。

ウィンドウにトランシジョンがかかる場合、装飾が連動せず、

あとから瞬間表示される事などが修正されました。

修正点が多いので、今回もプロジェクト形式です。

「window_acce_test11.zip」をダウンロード

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

なお、開発に際しまして、初心者質問スレ10の403様にお世話になりました。

丁寧な解説ありがとうございました。

ご意見、ご感想、不具合報告などありましたら、よろしくお願いいたします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ウィンドウ追加アクセサリー

▽ウィンドウ追加アクセサリー(RGSS2&システムグラフィック)

全てのウィンドウの上に新たな装飾用のスプライトを用意し、

ウィンドウの見た目を大幅に変化させることが出来るようになります。

前回のメッセージウィンドウ装飾の全体化版です。

取り合えず文章での説明は苦手なので、スクリーンショットをご覧下さい。

Window02

ダウンロードは以下から。今回はプロジェクト形式での配布となります。

「window_acce_test100.zip」をダウンロード

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

なお、開発に際しまして、初心者質問スレ10の355様にお世話になりました。

ありがとうございました。

ご意見、ご感想などよろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

TYPE:Majestic対応 メッセージウィンドウ追加アクセサリー

▽TYPE:Majestic メッセージウィンドウ追加アクセサリー 企画1

なんだかタイトルを見てもぴんと来ないと思いますが・・・

システムグラフィックの拡張企画です。

簡単に言うと、メッセージウィンドウの装飾を派手にします。

まだ試験段階のスクリプトです。

TYPE:Majesticに対応したグラフィックしか用意していませんが、

他のシステムグラフィックに対応したものを作れば、応用は出来ると思います。

まずはスクリーンショットをご覧下さい。

Window01

こんな感じになります。

以下、グラフィックとスクリプトを両方ダウンロードし、導入して下さい。

Acce_message_window

「window_plus.txt」をダウンロード

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

なお、開発段階ですので、ご意見、ご感想などよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

和風オブジェクト

▽和風オブジェクト

季節は過ぎてしまいましたが、枝垂れ桜と狛犬です。

枝垂れ桜は大きさを2通り用意しました。

マップチップに組み込むと非常に大きなスペースをとってしまうので、

大きいオブジェクトはキャラチップとして処理してもいいかもしれません。

(ただし、配置しすぎには注意ですが)

Shidarezakura_4x4 Shidarezakura_3x3 Komainu_l Komainu_r

なお、チップセットへの合成には、透過処理に対応したソフトウェアを使用してください。

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

和風マップオブジェクト追加&修正

▽和風マップオブジェクト追加&修正

前回作った物の使い勝手が微妙だったため、修正したものと、

石碑を追加します。

Taikobashi Sekihi Chouchin

橋は、手すり(?)の部分を小さくして、RTPと並べても違和感無い様にしました。

また、32*32のサイズに合わせたので、チップとして組みやすくなってると思います。

提灯はコントラストが弱く、立体感にかけていたので修正しました。

なお、チップセットへの合成には、透過処理に対応したソフトウェアを使用してください。

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マップオブジェクト 和風

▽マップチップ オブジェクト 和風 3点

朱の橋、提灯、殺生石です

Taikobashi Chouchin Sesshoseki Sesshoseki2

出来はそんなに良くないです・・・(涙

なお、チップセットへの合成には、透過処理に対応したソフトウェアを使用してください。

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

追加床チップ二種

▽追加床チップ二種 泥地&ひび割れた土

泥地、でかくなりすぎた・・・

泥っぽさを表現したのはいいけど、テカらせ過ぎたかな、なんて思ったり。

最近はチップを並べても、なるべくラインがわからないように作っている

つもりではいるんですが、なかなか難しいです。

オブジェクトを置けばそれほど気にならないケースがほとんどなんですがね。

ところで、この床チップ、使っている人っているんだろうか。

一人、スクショで見れたので意外と嬉しかったりしたんですが・・・

(バルニクスさん、使って頂いてありがとうございます^^)

使ってみたという方、使い勝手、感想等ありましたら是非コメントお願いします。

改善要望やリクエストなどでもOKですので、お気軽に^^

Yuka89_mud

Yuka94_crackedfield

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

ご意見ご感想などいただけるとうれしいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

床チップ追加

▽床チップ追加 溶岩と火山の床

Yuka80_rava Yuka92_ravafloor

前回の雪からは180度変わり、灼熱の海と大地です。

Yuka84_snow03

ついでに雪をもう一種、柔らかめで湿っぽいタイプの雪です。

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

ご意見ご感想などいただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

床タイル追加 雪原2種

▽床タイル追加 雪原2種

今回は雪のタイルが無かったので、とりあえず2種類追加です。

新雪とアイスバーンの二種です。

今後、雪の中からチラッと土や草が見えるような雪解けっぽい素材も作りたいと思っています。

Yuka77_snow01

Yuka79_snow02

製作:P.A.E : Creava
ご使用の際は、ReadMe辺りにでも書いていただけるとありがたいです。
素材の二次配布はご遠慮下さい。

ご意見ご感想などいただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

P.A.E.スクリーンショット

GWも終わり、ようやく落ち着いた日々に戻ってきました。

自作ゲームであるP.A.Eは、現在データベース整備に突入しておりまして、素材作りのほうは捗っておりません。

一応、グラフィックの書き換えはひと段落、といった所で、キャラをLooseLeaf様の新しい企画にする等、変更されました。

これに関しましては、ヤオサメ様の多大なるご協力にひたすら感謝です!

報告までに今回はスクリーンショットのみ掲載させていただきます。

Pae00 Pae01 Pae02

Pae03 Pae04 Pae05

Pae06 Pae07 Pae08

雰囲気だけでも伝わるでしょうか^^;

社会人が趣味の一環でやっているものなので、進行は遅々としておりますが、

少しずつ作っていますので、一区切りつきましたら、

テストプレイの方、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »